3Dデジタル矯正とは? イメージ1 3Dデジタル矯正とは? イメージ2 3Dデジタル矯正とは? イメージ3
当矯正歯科のポリシー

心から満面の笑みになれる、美しい口元へ。

当矯正歯科のポリシー

3D デジタル矯正について

MOTO矯正歯科では、患者さまに最適な治療を施せるように、
積極的に最新の技術を取り入れています。
「3Dデジタル矯正システム」はそのひとつ。
より早く、正確で、安心できる治療を行っています。

当院は、「精密ワイヤー矯正*」で治療します。

従来の矯正治療では、治療プランの決定や矯正用のワイヤー作製を行うのに、
医師や技工士などそれぞれの手技や技術、また経験や勘に頼るところもあり、
理想通りの歯並びになるのに時間がかかることも多くありました。
当クリニックでは、患者さまそれぞれのお口の中の正確な3D立体データを元に、
最先端のコンピューター・ロボット技術によって、
精密にそして正確に作製したワイヤーを使用する、
「3Dデジタル矯正システム」を導入しています。
これまでの人の手に頼るワイヤー作製では不可能だった、
短期間で正確に動かす治療が可能です。

ゴールまでの治療を見える化

「3Dデジタル矯正システム」では、最新の光学3DスキャニングやCTを駆使し、
コンピューター上に患者さまご自身の歯並びを正確に再現。
あらゆる視点から観察し、さらに効率的な歯の動きを確認することで、
ゴールとなる歯並びまでの道筋を事前にシミュレーションすることができます。
こうすることで、より正確で安全な、ブレのない治療を行うことが可能となりました。

患者さまと「一緒に」治療

お口の中を3Dデータ化することでもう一つ良い点があります。
それは、患者さまも「一緒に」ゴールを眺められること。
従来の矯正治療では、治療後の歯並びについてお話する時、
どうしてもイメージでお話しすることが多く、
それを患者さまと共有することが困難でした。
「3Dデジタル矯正システム」では、様々な治療プランをシミュレートすることができ、
実際にどのようにご自分の歯がきれいな歯並びに整っていくか
治療前に見ることが可能です。
またコンピューター上のみならず、3Dプリンターを利用することで、
ゴールとなる歯並びを実際に立体の歯型としてつくることも可能で、
より視覚的にコミュニケーションが計れます。
当クリニックではこのように、患者さまと一緒に治療計画を練り、
ライフスタイルやご希望に合わせた最適な治療法をご提案します。