矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

ガタガタ・凸凹の治療例

八重歯が気になるとご相談されました。

治療期間:12ヶ月

14歳女性。八重歯を気にされていたこともあり、右側の八重歯を改善するため、小臼歯を抜歯して咬み合わせを整えながら、ガタガタを改善しました。

治療前キャプチャ

治療後のデジタルシミュレーション

治療後キャプチャ1

治療デジタルシミュレーションとおりに治療することで、短期間でキレイな歯並びになりました。

患者様からのコメント

昔から笑ったときの八重歯が気になっていました。最初は不安なこともあったけど、いつもわかりやすく治療のお話をしてもらい、安心して治療できました。治療もあっという間に終わり、本当によかったです。

矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

ガタガタ・凸凹の治療例

虫歯がひどく、残念ながら小臼歯3本を抜歯したため、咬み合わせと見た目も気になるとご相談されました。

 

治療期間:1年7ヶ月

32歳女性。前歯が出ているのを気にされていたこともあり、ガタガタを改善すると同時に、前歯も後ろへ下げることで改善しました。

 

 

治療前

キャプチャ

治療後

キャプチャ1

患者様からのコメント

歯を数本失ってしまい、食事がとてもしづらく困っていました。まえから前歯の歯並びも気になっていたので、思い切って相談してみました。矯正を始めて、だんだん咬みやすくなり、前歯の歯並びが良くなってくるのがわかり、とてもうれしかったです。

わたしの場合、痛みもほとんどなく、とても快適でした。

 

当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

受け口(下顎前突/反対咬合)の治療例

正常な咬み合わせでは、上顎の前歯が下顎の前歯に少しかぶさっています。受け口(下顎前突/反対咬合)は、下顎の前歯が上顎の前歯より突出している状態をいいます。歯に原因が限局される場合と、骨格的な問題を抱えている場合があり、咀嚼機能や顔貌への影響だけでなく、発音(サ行、タ行など)にも影響をおよぼすことがあります。

 

治療期間:10ヶ月

24歳の男性。前歯の見た目と咬み合わせ、とくに歯の先が削れてしまうことが気になる。

 

治療前

キャプチャ

治療後

キャプチャ1

患者様からのコメント

思っていたより早く終わり、非常に満足です。いまでは前歯で何でも咬めて、おいしく食事ができます!

矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

ガタガタ・凸凹の治療例

歯の大きさと顎の大きさの調和がとれていないことが原因です。矯正歯科医院を訪れる患者様の主訴としては最も頻度の高い症状です。歯が重なり合ったり、不揃いに生えている状態で、八重歯や凸凹な歯並びのことを総称して叢生(ソウセイ)といいます。

見た目が悪いだけではなく、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病の原因となり、また全ての歯が咬みあわせに参加していないので咀嚼効率が悪いです。

 

治療期間:1年8ヶ月

歯が並ぶためのスペース不足で、上顎第一小臼歯・下顎左側第一小臼歯を抜歯して治療しました。

 

治療前

キャプチャ

治療後

キャプチャ1

 

 

患者様からのコメント

40歳に近づき、虫歯も多く、思い切って矯正することにしました。はじめは不安でしたが、歯並びが徐々にきれいになると、歯磨きもしやすく、歯並びを人にほめられるとうれしくてたまりませんでした。本当に矯正してよかったとおもいます。

矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

ガタガタ・凸凹の治療例

歯の大きさと顎の大きさの調和がとれていないことが原因です。矯正歯科医院を訪れる患者様の主訴としては最も頻度の高い症状です。歯が重なり合ったり、不揃いに生えている状態で、八重歯や凸凹な歯並びのことを総称して叢生(ソウセイ)といいます。

見た目が悪いだけではなく、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病の原因となり、また全ての歯が咬みあわせに参加していないので咀嚼効率が悪いです。

 

治療期間:2年

歯が並ぶためのスペース不足で、上下第一小臼歯を抜歯して治療しました。

 

治療前

キャプチャキャプチャ2

治療後

キャプチャ1キャプチャ3

患者様からのコメント

仕事で接客をしているので、歯並びがずっと気になっていました。いまでは気にならなくなり、楽しく仕事してます!

 

矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

ガタガタ・凸凹の治療例

歯の大きさと顎の大きさの調和がとれていないことが原因です。矯正歯科医院を訪れる患者様の主訴としては最も頻度の高い症状です。歯が重なり合ったり、不揃いに生えている状態で、八重歯や凸凹な歯並びのことを総称して叢生(ソウセイ)といいます。

見た目が悪いだけではなく、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病の原因となり、また全ての歯が咬みあわせに参加していないので咀嚼効率が悪いです。

 

治療期間:1年6ヶ月

歯が並ぶためのスペース不足で、上下第一小臼歯を抜歯して治療しました。

 

治療前

キャプチャ

治療後

キャプチャ1

患者様からのコメント

私は小さい頃から歯並びをすごく気にしていましたが、費用や期間などが気がかりで、なかなか踏み出せずにいました。自分の写真を見ていて、どうしてもコンプレックスを強く感じ、治療する決心をしました。およそ1年半の治療を終えて、心から矯正してよかった!と思います。今では、写真に写ることも全く気にしなくなりました。ありがとうございました。

当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

すきっ歯:空隙歯列の治療例

歯と歯の間に隙間が空いている状態のことをいいます。上顎の前歯などに多くみられ、見た目に大きく影響します。また、歯と歯の間に隙間があると、そこへ食べ物が詰まったり、歯石がたまりやすい状態になったり、発音時に空気が漏れて、正確な発音がしにくくなるなどの問題があります。

 

治療期間:1年2ヶ月

前歯の大きく空いた隙間を閉じながら、正しい位置へ歯を移動することで、見た目と咬み合わせを改善いたしました。

 

治療前

キャプチャ

治療後

キャプチャ1

患者様のコメント

見た目もそうですが滑舌が悪い事を気にしていたこともあり、思い切って矯正してみました。

思っていたより治療も早く終わり、前歯で思いきり食べれるようになりました!

当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

受け口(下顎前突/反対咬合)の治療例

正常な咬み合わせでは、上顎の前歯が下顎の前歯に少しかぶさっています。受け口(下顎前突/反対咬合)は、下顎の前歯が上顎の前歯より突出している状態をいいます。歯に原因が限局される場合と、骨格的な問題を抱えている場合があり、咀嚼機能や顔貌への影響だけでなく、発音(サ行、タ行など)にも影響をおよぼすことがあります。また骨格的な受け口は、不正咬合の中でも早期治療が最も効果的な症状です。

 

治療期間:12ヶ月

9歳2ヶ月の女子。女の子ということもあり、非常に見た目を気にされてました。成長のコントロール(主に上顎)をおこなうことで、正常な咬み合わせへ改善しました。

 

治療前

キャプチャ

キャプチャ2キャプチャ4

治療後

キャプチャ1

キャプチャ3キャプチャ5

患者様からのコメント

人前で笑うのが気になっていたけど、おもいっきり笑えるようになりました!

当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

深い咬み合わせ(過蓋咬合)の治療例

上の前歯が下の前歯に深く咬み合わさった症状です。上顎と下顎の成長の差や口で息をする癖、舌癖、奥歯がなくなったときなどにおこります。

前歯だけでなく奥歯の咬み合わせにも、いろいろな問題を生じやすく、機能的・審美的にも影響を受けやすくなります。

治療期間:2年2ヶ月

歯並びを改善すると同時に上・下顎の咬み合わせを正しい位置に修正、歯を抜かずに治療しました。

 -

治療前

01

治療計画

02

治療後

03

患者様からのコメント

たいへん噛みやすくなり、歯磨きも楽になりました。

 

矯正治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。当クリニックでの治療例を写真とともにご紹介します。

 

出っ歯(上顎前突)の治療例

上の前歯が下の前歯よりも突出している症状です。上の前歯が突出しているため、お口が閉じづらく、口呼吸をするといった問題があります。横から顔を見ると、口元が突出しており、唇を尖らせているようにも見えるため、審美的にも影響を受けやすくなります。

 

治療期間:1年4ヶ月

前歯を後退させ、突出した口元を改善するため、上顎左右側の第一小臼歯を抜歯しました。

 

治療前

キャプチャ4

 

治療後

キャプチャ5

 

患者様からのコメント

くちもとがスッキリして見えるようになり、笑顔にも自信がつきました。ありがとうございました!