不正咬合の原因には様々ございますが、

その中の一つとして指しゃぶりがあります。

胎児や乳幼児期の指しゃぶりは生理的な現象で、
一般的には4,5歳頃までにほとんど自然消失すると
言われています。

 

しかし、永久歯が生えはじめた混合歯列期以降も
続く指しゃぶりは、永久歯列の咬合と発育にも影響を
与えるのでやめさせる必要がある好ましくない習癖
言えます。

指しゃぶりをやめさせるのに適しているのは
乳歯列期であるというのがポイントです!

 

また、乳歯列期でも指のしゃぶり方、吸引の強さ、頻度、期間によって

開咬上顎前突(出っ歯)など歯並びに影響を及ぼすことがあります。

 

開咬              上顎前突

220px-Openbite 09_33_2

 

※このような習癖をやめさせるには注意が必要です!
無理にやめさせたことで部綱好ましくない行動を
引き起こすことにつながることがありますので
指導には十分注意を払う必要があります。

 

お子様の歯並びが気になる方はお気軽にご相談下さい♪

福岡市 博多駅 徒歩3分 / 福岡市 天神南から約10分福岡の矯正歯科 MOTO矯正歯科

812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2.19.27 九勧博多駅前ビル1F
TEL 092-432-1717 ※完全予約制 / FAX 092-432-1718